ワンルームロフト付きの部屋、ロフトの美しい使い方は…。

ワンルームにロフトが付いていると、自由な使い方ができるので有効ですね。
ワンルームですと、ロフトがクローゼットの役割を果たすこともあります。
もちろん、ゆったりと寝室代わりにしたい方は、ロフトの広さ次第ですが、一つの寝室としての役割も果たします。

それはそれとして、ロフトのもう一つの美しい使い方として、下のリビングへの照明やインテリア感覚での使い方が上げられます。
要するに、下からロフトを見上げた時に、役割を持たせるということ。

その簡単かつ効果大なことが、照明を用いることでしょう。
例えば、リビングの電気を間接照明のスタンドなどにして、ロフトに置いた電気スタンドなどを天井にあてつつ、間接照明として光をともすのです。
上部に置いた間接照明は、ロマンティックこの上ないです。
その電気スタンドのシェードに細工があれば、影絵のように模様などを浮き上がらせることも。
LEDでカラーを変えられるスタンドだったら、ちょっとポップで楽しい間接照明の効果が得られます。

クリスマス時期には、LEDの長いイルミネーションライトを、ロフトの策や階段にくるくるセンスよく巻いてみると、楽しい雰囲気が出せます。
ロフトという存在を、住居スペースとしてだけでなく、照明位置の利用法としても活用できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です