ロフトは子どもの遊び場所にもなります

家を建て替える時、子ども部屋をロフト付きの部屋にしました。建て替える前の子ども部屋は、おもちゃなどで散らかりクローゼットに物を詰め込み過ぎて扉が開けられなくなってしまいました。
ロフト付きの部屋にしたメリットは、収納した物を見つけやすい点です。洋服を収納ケースにしまいクローゼットに積み上げてしまうと、使いたい時に取り出し難くなってしまいます。下の方に置いてしまうと、洋服1枚取り出すだけでも部屋中が散らかってしまうことがありました。
ロフトに置いておく場合はほとんど積み重ねることがないので、必要な時すぐに取り出すことができます。クローゼットに比べてロフトは広いので、季節ものの家電製品なども収納して置けるので便利です。
ロフト付きの部屋にして一番喜んだのが子どもです。階段を上がったり下がったり、とても楽しそうにしています。いろいろな物を収納してもスペースがあるので、雨の日などの子どもの遊び場所としても使うことができます。子どもなりにロフトの使い方を工夫しており、以前よりも部屋の中がきれいになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です