ロフト下部を有効活用するためには

ロフトを作るのでしたら、天井を高めにすることが条件だと思います。一般的な天井の高さの一戸建て住宅ないしマンションにおいて、ロフトを作ってしまったのなら、ロフト自体も狭苦しさを感じるのに、さらにロフト下のスペースにおいても、狭苦しさを感じてしまうことになりますよ。ですから、ロフトを作るのでしたら、天井を高めにすることが絶対条件だと思います。

とはいえ、ロフトを荷物置き場スペースだと割り切って、天井付近に設置するのでしたら、一般的な高さの天井であっても、ロフトを作ってもいいでしょうか。ただし、ロフト下はやっぱり狭苦しさを感じる高さになるでしょうから、その場合はロフト下部にしても「荷物置き場スペース」とするのがいいでしょうか。

実際に私が訪れたペンションでは、三角屋根の一部にロフトが作られていて、その下はスキー板やソリ置き場になっていました。ですから、ロフト下部にしましても「ちょっと高さのあるものを置いておく荷物スペース」だと割り切り使用していけばスペースを有効活用できるのではないでしょうか。「寝るためのロフト」「荷物のためのロフト」と、目的を分けてしまえば、不便さを感じることもないのかなーと思います。

PR:工務店向け集客ノウハウ , 生命保険の口コミ.COM , 生命保険の選び方 , クレジットカードの即日発行じゃけん , お家の見直ししま専科 , 健康マニアによる無病ライフ , 女性向けエステ.com , マッサージのリアル口コミ.com , 住宅リフォーム総合情報 , 英語上達の秘訣